引越し先では、毎晩のように酒と会話

引越し先では上の階も隣の部屋も同じ会社の社員で、一人同じ歳で仲良しがいて、毎晩のように酒を飲んで話をしていました。
週5,6日ぐらいは部屋に行ったり来たりしています。
ギターを弾いていたから、ギターを持ってきて弾いていることも多々あります。
あとは音楽を流したりという日々です。
たまに、先輩の社員が酔っ払って、近くの居酒屋に集合になったり、夜中に訪問してきたりとか、そういうのがあります。
たいてい会うのは晩だけで、昼間はほとんど会うことがありません。
何をしているのかどこに行っているのかさっぱりわかりません。
同じマンションで暮らしていたらもっと遭遇しそうですが、それほど多くはありません。
エレベーターで乗り合わせるということは滅多になく、通勤のときもぜんぜん会わない人たちばかりです。
時間がうまくズレているのか、それにしてもいまだにそれは不思議に思っています。
引越し先のそのワンルームの部屋では楽しい思い出がたくさんあります。
反面、引き返せないから残念です。

コメントは受け付けていません。